レザー・皮・革

こんちは。革スケです。今日はレザーライダースジャケットについて多少勉強してきました。少し大人になった革スケです。革といっても色々あ
るようで、いわゆるレザーというのは革と書くんですね。動物の皮を加工したものが革・レザーなんですね。英語の場合は
皮と革が区別されてるのかは分かりませんが、、、(多分同じです)腐らないように加工して革にするなんて昔の人も頭が
いいですね。その努力がなければ今のレザー業界の人は存在しなかったかもしれません(笑)。で、一般的にレザーといわれるものでライダースとかジャケットになっている革はほとんどが羊か馬か牛の革です。最近は
山羊の革もあるみたいですが、羊の仲間ですから同じような物なのでしょう。男のレザーライダースが求めているのはもちろん牛革か馬革ですね。カチっとした作りのちょいとゴツめで硬いのがいいで
すね。でも最初からオイルを塗ったりするのは手間なのである程度最初から着やすくなっている物を希望します。というこ
とで牛革か馬革にします。革の暑さが違うということだけは分かるのですがその他はどこが違うんでしょうね?まぁ、牛の
方が大きいので革の厚みがあるんだと思いますけどね。基本的にはカウレザーというのでしょうか?牛革が革も大きくて昔からある感じがするので基本中の基本のレザーはやっぱ
り牛なんでしょうね。ということでレザーライダースジャケットを買うに当たっては牛革を第一希望とさせていただきます
。第二希望は馬革ね。では。

Comments are closed.