レザージャケットとライダースジャケットの違い

レザージャケットとレザーライダースジャケットの違いを聞かれて、すぐに正しい回答を言える人は少ないことと思います。同じものだと思っていた、どう違うのかわからないと答える人が大半です。まずレザージャケットとは、本革製のジャケットの総称です。素材が本革・レザーであればどんな形でもレザージャケットと呼ばれますが、革は大きく二種類に分けられます。本革と合成皮革です。(少し大きく分けすぎでしょうか?)本革のレザージャケットは高価ではありますが丈夫で長持ちし、着ているうちに独特の風合いや色合いに変化していく特性があり、本革ならではのレザージャケットの変化過程をも楽しむことができます。一方合成皮革のライダースジャケットは安価ではありますが長年着ていると表面がボロボロになったり、べたつきが生じるようになってきます。本革と違い長持ちしないのが最大の欠点なのです・・・。レザージャケットを選ぶ際にはデザインだけではなく素材にも注目することが大切です。 次にライダースジャケットとは、バイクに乗る人のために作られたジャケットのことです。ですので本来ライダースジャケットというのは革製のレザーライダースジャケットだけを指しているわけではありません。フロントがジッパーになっていたり、袖口にもベルトやジッパーがあったり、襟がスタンドカラーになっているなどバイクに乗る上で風の侵入を少しでも防ぐように作られているのがライダースジャケットです。本革製のものが多いのは丈夫で耐久性に優れているからであって、必ずしも革製である必要はないのです。デザイン的にもお洒落なものがありますので、バイクに乗らない方にも幅広く愛用されているのがライダースジャケットなのです。その代表的なのがミュージシャンですね。色とりどりのオシャレなレザーのライダースジャケットを着ています。ほとんどがタイトなシルエットのもので本革の魅力がとても出ています。渋い光沢感は本物のレザージャケットのあかしですね。

シープレザーからホースレザーまで・・・・ 品数豊富な本革・レザージャケットの専門店  Haruf Leather はこちらから・・・・

 



Horse Leather Riders Jacket

馬革の希少価値あるレザーのライダースジャケット

Comments are closed.